常安 翔太(TSUNEYASU Shota)

職位:助教

校務分掌:1E副担任

担当科目:電気材料,工学実験,卒業研究

現在の専門分野:画像工学、電子デバイス・電子機器、電気電子材料、ディスプレイ

現在の研究テーマ:

・外部刺激応答性面発光デバイスの実現
・発光・反射選択制御型デュアルモードディスプレイ開発
・透明な紙(セルロースナノファイバー)を用いた面発光デバイスの構築
・面発光デバイスの高速駆動化・高輝度化・長寿命化等
・電子ペーパーによる写真作品制作

所属学会:日本化学会、高分子学会、電気化学会、光化学協会、日本画像学会、SID(国際ディスプレイ学会)、日本写真学会

学生や入学希望者に向けて一言:

学部時代から現在に至るまで、ディスプレイデバイスの高機能・高性能化を目指してデバイス設計から構築までを行っています。
これからの世界を担うIoT社会ならびに持続可能社会では、フレキシブルで環境低負荷のディスプレイデバイスを基盤として実現されようとしています。
これらの社会を支える未来のディスプレイデバイスを一緒に創ってみませんか。

*切っても光る紙

発表論文等業績:
https://researchmap.jp/tsuneyasu

プロフィール:

千葉大学工学部画像科学科を卒業後、千葉大学大学院融合科学研究科博士課程に進学し、博士(工学)を取得しました。
その後、東京工芸大学の助教を経て、本学に着任しました。
専門分野は、材料化学および電気電子工学で、発光・反射表示を単一のデバイス内にて発現可能な次世代ディスプレイデバイスの実現を目指して、
「電気化学発光デバイス」や「エレクトロクロミックデバイス」に関する研究を行っています。
この他にも、「印刷技術」や「透明な紙(セルロースナノファイバー)」を用いた分散型ELデバイスに関する研究も行っています。

 
研究キーワード:
・分散型EL
・電気化学発光
・エレクトロクロミズム
・プリンテッドエレクトロニクス
・ペーパーエレクトロニクス
・発光・反射選択制御型デュアルモードディスプレイ
・セルロースナノファイバー
・電子ペーパー