Main Menu Top Menu

田中 大輔

田中 大輔(TANAKA Daisuke)

  • 職位: 講師
  • 校務分掌: 4E担任
  • 担当科目:
    電子工学,量子力学,工学実験,電子物性,卒業研究,特別研究
  • 現在の専門分野:
    光物性,プラズモニクス,ナノ物性
  • 現在の研究テーマ:
    • 離散双極子近似(DDA)によるコアシェル構造の物性評価
    • Transfer Matrix法によるナノ積層構造の光学シミュレーション
    • 混合ナノ粒子LB膜の蛍光消光特性調査(九大 玉田研との共同研究)
    • タンパク質凝集体の形成と分析(茨城高専 若松研らとの共同研究)
  • 所属学会:
    応用物理学会,電気学会
  • 学生や入学希望者に向けて一言:
    ナノの世界に興味のある学生は私の研究室に来てください。いっしょによく学び、よく遊び、よく研究しましょう。

 

研究室紹介

 

  1. 透明マントの数値シミュレーション

自然界に存在しない性質をもつ材料や構造を人工的に設計・作製したものを “メタマテリアル”と言います。例として透明マントが挙げられます。人間はモノを認識できるのは、物体からの光を目がキャッチしているためです。メタマテリアルで対象物を覆うと、光は迂回し、人は物体からの光をキャッチできなくなり、モノがないように感じるのです。

田中研究室ではまだまだ未知な透明マントについての数値計算を行っています。研究のベースはE科3、4年の講義である「電磁気学」です。

他に,2) 電場印加によるタンパク質結晶成長に関する研究、3) 超高感度光センサに関する研究、4) 金属ナノ粒子のフルカラー色調変化に関する研究などを行っています。